News・Blog ニュース・ブログ

Blog その他 経営全般

スマイルデーなごや

毎月頭、1日のブログを担当します。トビラシステムズ代表取締役 明田(あきた)です。
トビラシステムズ株式会社
https://tobila.com

前回はトビラシステムズがなぜ、児童虐待防止 NPO法人CAPNAを支援しているかを書きました。
前回の記事へ

今回は、名古屋市主催のイベント「スマイルデーなごや」にCAPNAが出展しましたのでイベントの様子を紹介します。
「スマイルデーなごや」とは、愛知県を中心に活動する、さまざまな悩みを相談する機関が集まるイベントです。
学校、仕事、友達、育児、妊娠、借金、詐欺、暴力などの相談窓口として、行政、弁護士、民間団体などの多くの組織が出展していました。

その中でも子供の保護を中心とした活動をいくつか紹介します。

児童相談所全国共通ダイヤル「189(いちはやく)」 24時間365日受付

虐待かもしれないと思われる事象を見た聞いた際に、通告・相談するための短縮ダイヤルです。
携帯電話・固定電話から189に電話をかけるとオペレーターまたは自動音声により、近くの児童相談所に繋がります。
匿名で通告・相談ができ内容の秘密は守られますので、迷わず電話してください。

児童虐待防止法 第6条において、児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに福祉事務所・児童相談所に通告しなければならないと義務づけています。

チャイルドライン「0120-99-7777」 年末年始を除く毎日午後4時から午後9時

18歳までの子ども専用の電話相談窓口です。
固定電話、携帯電話にかかわらず通話料はかかりません。

4つの約束のもと、運営されています。
・ヒミツは守るよ
・名前は言わなくていいよ
・どんなことも一緒に考える
・切りたいときは、電話を切ってもいい

2017年度(2017年4月から2018年3月)は、全国の子どもがチャイルドラインに電話をかけた件数は465,458件。
着信の多い都道府県は次の通りです。
愛知県  67,272件
東京都  57,895件
大阪府  35,600件
神奈川県 30,653件
埼玉県  27,637件

これだけ多くの子どもが身近な人に相談できない悩みを持っている事に驚くとともに相談窓口の重要さを感じます。
特定の日時ではチャットでの相談も受け付けているようです。
http://childline.or.jp/chat/

CAPNAホットライン「052-232-0624」祝日を除く月曜から土曜 午前10時から午後4時

メール相談(随時受付)受付ページもあります。
虐待、育児、妊娠などに関する事であれば内容年齢に関わらず相談することができます。
また、過去に虐待を受け苦しんでいる人が相談できる数少ない窓口にもなっています。

子ども虐待防止オレンジリボン運動

2004年、栃木県小山市で3歳と4歳になる二人の可愛らしい兄弟が父親の友人から再三にわたって暴行を受け、息も絶え絶えの状態で、橋の上から川に投げ込まれて幼い命を奪われるという痛ましい事件をきっかけに、全国でオレンジリボン運動が始まりました。
子ども虐待防止オレンジリボン運動ホームページから引用)

オレンジリボンが子ども虐待防止のシンボルマークになっていることは知らない人も多いのではないでしょうか。
500円寄付しオレンジリボンをいただいたので胸に付けたいと思います。

子ども家庭支援センターさくら

ホームページ
児童養護施設 名古屋養育院内にあり、
・子どもに関する相談「052-821-7867」月曜から金曜 午前9時から午後5時
・名古屋市地域子育て支援拠点「さくらあそび場」 月曜から金曜 午前9時から午後2時
・里親及びファミリーホーム支援
・短時間託児 平日10時から12時 午後1時から午後3時
などを行っています。

株式会社を経営していると、売上や利益が出る事業を考えることが多くなりますが、
そんな事を中心に考えていてはできない、より良い社会を実現するために必要不可欠な取り組みに多く触れることができました。

こんな素晴らしい人々が活動する組織が、最高のパフォーマンスを発揮できるようにトビラシステムズがすべきことは、
その時にできる支援を継続し、会社の成長とともに支援も成長させていく事です。

最近の支援活動は、CAPNAのホームページ更新、チラシの作成、PC交換、ファイルサーバ交換などを行いました。
また、NPO法人は様々なITツールを安価または無料で使えますので、そちらの手続きも行いました。
テックスープジャパン
Microsoft Officeが3000円で購入できたり、トビラシステムズも全社で導入しているGoogle G Suiteが無料です!!
自分たちにとっては難しくない小さな支援が、誰かに大きく役立つことがあれば、プロにとってこれ以上の幸せはありませんね。

トビラシステムズ株式会社
代表取締役 明田篤

Related Posts 関連記事

TOP